育毛剤の大切さ

育毛剤の大切さ

育毛剤を使い始めて1年以上たちますが、個人的に育毛剤の大事さを改めて痛感しています。
育毛剤を使う前の管理人は、頭皮の炎症がひどいものでした。
かゆくてかゆくてかきむしるとおっきなフケがボロボロと落ちるし、鏡で髪をかき分け頭皮を見てみると真っ赤に炎症を起こしてるんです。
この炎症のせいなのかお風呂の時にはぞっとするくらい髪の毛が抜けるし、手で髪を撫でただけで抜けてしまうこともありました。
シャンプーが悪いんだといろんなシャンプーに変えて見ても一向に抜け毛がなくなんないんです。

 

そこで、焦って育毛剤を使ったというわけです。
育毛剤にはグリチルリチン酸などの頭皮を殺菌しフケとかかゆみっていう炎症を抑える作用があります。
これが、実は自分の頭皮には重要なことだったんです。
育毛剤を使い始め、かゆみはすぐに収まりました。
有効成分が効いてくれたんでしょう。
使い始めてから1週間から2週間もすると頭皮の赤色が完全になくなりました。
元の肌色に戻ったので、育毛剤の力を思い知りましたね。
頭皮が正常な状態に戻ってからもすこしづつ抜け毛が改善したように思います。
つまり、自分の場合頭皮が炎症を起こすことによって抜け毛が増えていたわけです。
この抜け毛を抑えるには、頭皮の炎症を抑えなければいけなかったんですね。

 

で、頭皮の炎症も収まり1か月が過ぎたころ、育毛剤がなくなってしまったんですが頭皮の環境は改善したしもう必要ないかと思い使用を一時様子見でやめたんですが
1週間ほどするとじわじわとまた症状が再発してきたのでやっぱり自分には育毛剤が必要なんだと感じましたね。
育毛剤というと、髪の毛を生やすためとおもいがちですが、頭皮の炎症を改善するのにも効果的なんです。
さらに、髪の毛にもいい成分がいっぱい入っているのでまさに髪についての悩みがある人には一石二鳥なんですよね。

 

育毛シャンプーのおすすめは以下の記事をご覧ください。

 

管理人オススメ育毛シャンプー総合ランキング

 

 

 

育毛剤の大切さ関連ページ

自分でできる!簡単頭皮チェック方法
自分でもできる簡単頭皮チェック方法について書いていきます。
フケは薄毛の危険信号
フケが出て悩んでいませんか?フケは放っておくと抜け毛につながることもあります。フケは頭皮が出す危険信号なんです。
脂漏性皮膚炎が抜け毛を引き起こす!?
脂漏性皮膚炎が抜け毛の原因になることもあります。自分で自覚症状がない人もいるので、早めの対策をとることが重要です。
頭皮の血行が悪いと薄毛になる!?
頭皮の血行が悪いと薄毛になる可能性がグンと上がります。ここでは、頭皮の血行について詳しく見ていきたいと思います。
あなたの抜け毛は大丈夫?薄毛になりやすい抜け毛チェック
抜け毛には薄毛になりやすい抜け毛となりにくい抜け毛かをチェックすることができます。気になる人ご覧ください。
リンス・コンディショナーは使わない方がいい!?
リンス・コンディショナーは健康な頭皮のためには使わない方がいいのか?この悩みについて書きたいと思います。
洗髪前のブラッシングの重要性
洗髪前のブラッシングの重要性について書きます。ブラッシングをすることでシャンプーの効率を高くすることができます。
海藻や昆布で薄毛・白髪が治る!?
インターネットやよくある噂で海藻や昆布をたべると薄毛や白髪が治ると聞いたことがある人もいるかと思います。ここでは、昆布と海藻が本当に白髪と薄毛に効果がるのかについて書きます。
油料理は頭皮の皮脂を増やす!?
管理人も大好きな油料理。でも、頭皮にとっては油料理は頭皮環境悪化の原因にもなりうるんです。
塩分の取りすぎがハゲを招く!?
塩分の取りすぎは髪の毛にとって良くないのか?について考えてみたいと思います。
タバコを吸いすぎると薄毛になる!?
タバコが好きな方は要注意です。ここではタバコが髪に与える影響を書いていきます。
アルコールの摂取しすぎで薄毛に注意!?
アルコールを摂取すると薄毛になるっていうのは本当でしょうか!?このページではアルコールと薄毛の関係について書いていきます。
界面活性剤でハゲる?
シャンプーや育毛剤に配合されている界面活性剤でハゲるか?頭皮には悪いため薄毛に少なからず影響を与えると言えるでしょう。
育毛シャンプー以外の薄毛対策いろいろ【フィナステリド、ミノキシジル、植毛】
育毛シャンプー以外のフィナステリド、ミノキシジル、植毛などの薄毛対策について紹介します。