スカルプシャンプーとノンシリコンシャンプーって何?

スカルプシャンプーとノンシリコンシャンプーって何?

 

 

 

 

 

 

最近CMなんかでもよく耳にするスカルプシャンプーやノンシリコンシャンプーですが、聞いたことがあってもその意味まではわからないって言う人が多いと思います。
なので、ここでは普通のシャンプーとスカルプシャンプー・ノンシリコンシャンプーとの違いをお伝えしていきます。


 

 

最近頻繁に耳にするスカルプシャンプーっていう言葉ですがこのスカルプは英語で「scalp」。
意味は人間の頭皮を指します。
つまりシャンプーは髪を洗うものだと思いがちですが、本来は頭皮を洗うものだという意味も含まれているようです。

 

このスカルプシャンプーの特徴を一言でいえば、髪や頭皮に優しい成分で作られているということです。
私たちがスーパーやコンビニで見かけるシャンプーはほとんどが高級アルコール系のシャンプーか石油系合成界面活性剤が含まれたシャンプーです。

 

それの何がいけないかというと、洗浄力が強すぎるのとシャンプーの成分が頭皮に残留しやすいこと。
頭皮に必要な皮脂まで落としきってしまうので乾燥やフケ、かゆみなどの肌荒れの原因になってしまうんです。

 

そんな人が使うのにいいシャンプーが、最近話題のスカルプシャンプーっていうわけなんです。
植物などに含まれる天然の洗浄成分を元に作られていることから、頭皮の皮脂を落としすぎることもなく、適度な皮脂を保ち頭皮の乾燥を防いでくれるんです。

 

 

もう一つ、最近よく耳にするのがノンシリコンシャンプーですが、シリコンとは髪がパサパサするのを防いだり、洗い上がりに指通りがよくなるようにする人工皮膜のこと。
髪に皮膜を作りコーティングすることから、頭皮までコーティングされてしまうため頭皮に良くないと言われています。

 

シリコンの代表的な成分が「ジメチコン」で市販のシャンプーにはたいてい含まれています。
ノンシリコンシャンプーと言われるものには、このジメチコンなどのシリコンが含まれていないシャンプーのことを言います。

 

このサイトを見ているってことは頭皮や髪の毛に何かしらの悩みがある人だと思うので、そんな人は極力頭皮に刺激の少ない天然の物で、洗浄力が弱いシャンプーをおすすめしています。
管理人も使っているのが植物に含まれている界面活性剤(汚れを落とす洗浄成分)を元に作られたアミノ酸系洗浄成分のスカルプシャンプー。
とにかく洗浄力が石油系と違ってマイルドなのが一番の特徴です。

 

だから、敏感肌の人なんかは洗浄力が弱いシャンプーの方がかえっていいなんていうことが多いんです。
頭皮に湿疹ができたり、かゆみやフケがある人なんかに適したシャンプーなんです。

 

管理人が何種類かのアミノ酸系シャンプーを試してみて一番よかったランキングがコチラ

 

 

 

スカルプシャンプーとノンシリコンシャンプーって何?関連ページ

普段の食事のせいで皮脂の量や頭皮が荒れる!?
このページでは、頭皮の状態にはいかに食事が関係しているか、また大事かってことについて書いていきます。